MICE

 Main Roll

ドブ(M)

ハツカ(F)

芝 連珠(M)

ミケ(M)


 Supporting Roll

男A(M)

男B(M)

店員(F)

八百屋(M)

ヤクザ(M)

※一人複数役などは御自由に行って頂ければと思います。




 

A「なぁ、お前マイスって知ってるか?」

 

B「はぁ?なんだよマイスって…マイ酢?自分専用の酢か?」

 

A「バカ、そんなわけねえだろ。そう呼ばれてる2人組がいるんだよ」

 

B「へぇ、マイスねぇ…。で、そいつらがなんなのさ」

 

A「そいつらがこの町を裏から仕切ってるんだとさ」

 

B「あぁなるほどね、そいつらを狩りに行こうってんだな!」

 

A「そういうことよ!そしたら俺らがこの町をしきれんだぜ!」

 

B「いいねぇどんな奴らなのさ。そのマイスってやつらのこと、何かわかってんの?」

 

A「さぁ」

 

B「は!?」

 

A「謎に包まれてるんだよ!」

 

B「なんもわかんねぇってこと?!」

 

A「そう、なんもわかんねぇ」

 

B「顔とか」

 

A「わかんねぇ」

 

B「特徴とか」

 

A「わからんねぇ」

 

B「せめて名前くらい!」

 

A「そいつも…」

 

ドブ「ドブだよ」

 

B「うわっ!?」

 

A「なんだガキか!びっくりさせんな」

 

ドブ「マイスの名前だろ?ドブだよ」

 

ハツカ「で、もうひとりがハツカって言うの」

 

B「ひあっ!?なんだ、今度は嬢ちゃんか。嬢ちゃん、えらいこと色白だな」

 

A「ところでお前ら、なんでそいつらの名前を知ってる?」

 

ドブ「なんでって、さぁなんでだろうね」

 

ハツカ「教えてあげる義理なんてないでしょー?」

 

A「しょうがねえなぁ。おい、わかってるな」

 

B「あぁ、わかってる。よぉ、ガキども。しゃべらんぇ奴にしゃべらせる方法なんて、俺らはそんなにたくさん知らねぇぞ」

 

ドブ「そっかぁ、ははっ!そいつはわかりやすくてたまんないねぇ」

 

ハツカ「ふふ、他に思いつかないなんて、見た目通りのバカなのね」

 

B「はっはっは、ガキが一丁前に構えてやがる。戦う気満々ってか」

 

A「おい、お前はどっちやりたい?」

 

B「お、選ばしてくれるのか?!それならやっぱり女だろ」

 

A「気が合うなぁ。俺も女がいい」

 

B「はぁ?かぶってんじゃねえか」

 

A「しょうがねぇなぁ。よし、じゃんけんでもすっか」

 

B「よーし…」

 

ハツカ「あぁ、もうはいはい。わかったわよ。あんたたち二人まとめて相手してあげるから、それでいいでしょ?」

 

B「をー!嬢ちゃんサービスいいねぇ!!」

 

ハツカ「ほんと、ドブは人気ないわねぇ」

 

ドブ「あーぁ、この町にくるのはなんでロリコンばっかなんだよ」

 

ハツカ「この年でこの魅力。将来が怖いわよね、ふふ」

 

B「おい、もういいだろ。はやく相手してくれや、嬢ちゃん」

 

ハツカ「がっつく男って品がないから、本当嫌。そっちのお兄さんも準備いいかしら?」

 

A「もうさっきから涎が止まんねえよ」

 

ハツカ「ほんともう、どっちも最悪。いいわ、いらっしゃい」

 

B「ぐふ、ぐふふ。いっただっきまああああああああす!!って、あれ?」

 

A「おい!バカ、上だ!!」

 

B「え?」

 

A「もう後ろ!!」

 

ドブ「あーぁ。遅い、もう下だよ」

 

B「ごふっ!!!」

 

A「お、おい!!」

 

ドブ「兄ちゃんさぁ、何しにこの町にきたわけ?マイスを倒しにきたんじゃないの?」

 

A「ち、チクショー!!」

 

ドブ「じゃあさ、しっかり楽しませてよね!!」

 

A「う、うわぁあ!」

 

ドブ「ちょっと、逃げるの?」

 

A「おい、おい!起きろバカ!!!」

 

B「いててて」

 

A「走るぞ!!」

 

ハツカ「逃がすわけないでしょ」

 

ドブ「ヒャッハッハッハ、兄ちゃん達そんなスピードじゃあすぐ追いついちゃうよー!!」

 

A「なんなんだ、あいつら!壁走ってやがる!!」

 

B「つ、捕まる!!う、うわ!わああああああああ」

 

A「おい!!…チクショウ、捕まりやがって!!今度は俺の番かよ!」

 

ドブ「一人目終わり」

 

A「な、なんかねぇのか!」

 

ドブ「兄さん、逃げきれないって」

 

B「…はっ!!あれは!!」

 

ハツカ「こっちも、追いついたっと」

 

A「ま、待てお前ら!!このガキがどうなってもいいのか!!!」

 

ドブ「あん?」

 

ハツカ「そんな子どもどこから連れてきたのよ」

 

A「都合よくここでゴミ漁ってたんだよ。まるで俺につかまるためにいたのかっていうな」

 

ハツカ「で、そんな私たちと関係ない子どもを人質にとってどうすんの?」

 

ドブ「バカだろ、お前」

 

A「う、うるせえ!!いいか、一歩でも動いたらこのガキ殺すからな!!」

 

ハツカ「あぁ、はいはい」

 

ドブ「わかったわかった。うるせえから怒鳴るな。……ところでひとつ聞くけどよ。くっくっく、人質は本当にそれでよかったのか?」

 

A「は、何言って…がふっ!!!」

 

 

 

 

ドブ「さてさて、ふたりの財布から金と個人を証明できるもの…お、免許証あんじゃん」

 

ハツカ「毎回カモにしてるのに。この手の人間ってバカなのかしら」

 

ドブ「バカでけっこう。俺らの食いぶちになってくれて、ありがたいじゃん」

 

ハツカ「まぁそうだけどさ」

 

ドブ「よし、そろそろ帰るか。俺たちの基地によ」

 

 

 

================場面転換=================

 

 

 

ドブ「あいっ変わらず俺らの基地は風情があっていいなぁ。こんなオンボロバスが基地なんて俺らくらいだろ」

 

ハツカ「そうね、バスの中を改造して、無理やりキッチン作ってるのなんて、私たちくらいでしょうね」

 

ドブ「俺たちマイスの、大事なホームだ」

 

ハツカ「それにしても今日のやつらは、いつも以上に弱かったわね」

 

ドブ「まぁ俺たちが強すぎるだけだろ」

 

ハツカ「それもそうだと思うなんだけどさ。いつまでこの町にいられるのかな」

 

ドブ「いつまでって、そりゃまぁ、ずっとだろ。ここは俺たちの町なんだから」

 

ハツカ「ずっと…。うん、そうよね。ずっとこうして」

 

 

================場面転換=================

 

 

芝「俵町。あいかわらずだなぁ、ここは。いい町だ。よし、全員事務所の片づけにかかれ」

 

ミケ「なぁ親父」

 

芝「おう、どうしたミケ」

 

ミケ「いい町…なのか?

 

芝「間違いなく、いい町よ」

 

ミケ「俺にはチンケな町にしか見えねぇんだけど」

 

芝「昔の下町のような、道が細くて子供が多くてごみごみとしたような雰囲気。俺らにとっちゃ懐かしくて仕方がねえんだよ」

 

ミケ「そういうもんなのかねぇ」

 

芝「若い奴には、まだわからんかもしれんがな」

 

ミケ「でもよ、なんで親父がこんな小せぇ古くせぇ町に来なきゃなんねえんだよ!」

 

芝「どうした、急にいきり立って」

 

ミケ「だってよ、確かにうちの組は大きくはねぇけど、それでも獅子神會傘下組織の中じゃあ一番の武闘派で通ってんだ!なのによ!!」

 

芝「まぁ、そう騒ぐな。お前はこんな時代は知らんだろうけどな。排気ガスとゴミにあふれた掃き溜めみたいな町が、昔はもっといろんな場所にあったんだ」

 

ミケ「だけどよ」

 

芝「そんな町は、俺たちゴミみたいな人間には、案外悪くない居心地だ」

 

ミケ「そんなもんかねぇ」

 

芝「ククッ、お前も十分ゴミだ。しばらくいたらわかるさ」

 

ミケ「ひでえなぁ!まぁ親父が言うなら俺はゴミなんだろうけどよ…」

 

芝「そうさ。それにな、こういう掃き溜めみたいな町には、決まって化け物が住んでんる」

 

ミケ「化け物?」

 

芝「本家の会長も、もちろんそういう街を生きてきたわけだ。だからこそ、俺たちなんだ。傘下一の武闘派の俺たちを…ってなわけだ」

 

ミケ「こんな古臭ぇ町に化け物ねぇ。で、その化け物ってのは、どうやって見つけるんだ?」

 

芝「そんなものはぁ、わざわざ調べるまでもない。仕事してりゃあ嫌でもかち合うことになるんだからな」

 

ミケ「そりゃまぁ、そうか。まぁどんな奴だろうと、親父は俺が守ってやるから心配すんな」

 

芝「守るねぇ…くっくっく…はっはっはっは」

 

ミケ「なんだよ!」

 

芝「まったくおもしろい冗談だ。お前に守られるようになったら、本当に引退を考えねぇとな」

 

ミケ「なんだよ!いつまでもガキ扱いしやがってよ!言っとくけど、腕っぷしならどこの誰にだって負けねぇぞ!!親父にだってな!!」

 

芝「あぁ、そうだな。お前は強くなったよ。腕も目も頭も悪くない」

 

ミケ「ならよ」

 

芝「だけど、まだだ。まだ負ける気はしないなぁ」

 

ミケ「チッ、くそ親父…」

 

芝「まだまだ若いもんには負けんよ。…よし、それじゃあ俺はちょっくら、ここのシマの警察に挨拶にいってくるから、お前も他の奴らと事務所の片づけしとけよ」

 

ミケ「わかったよ、気を付けていってこいよな。クソ親父」

 

 

=================場面転換================

 

 

芝「いちいち挨拶に行くのも、この年になるとこたえるな」

 

ドブ「わざわざ挨拶になんていくんだね」

 

芝「ああ?誰だ?」

 

ドブ「いわゆる、敵対組織ってもんじゃないの?やくざと警察って」

 

芝「なんだ坊主、迷子か?」

 

ドブ「こっちの話は無視かよ。まぁいいや。ちょっと新参者のツラを確認がてら、挨拶でもと思ってね」

 

芝「はぁ?何言って……あぁ…なるほどなぁ」

 

ドブ「なんだよ、急に『なるほどなぁ』とか言っちゃって」

 

芝「へー、そういうことかい。…この町の化け物はえらいちっこい坊主だな」

 

ドブ「…?何言ってんだ、おっさん」

 

芝「なんでもない、こっちの話だ。ガキだからと言って、油断はできそうにないって話しだ」

 

ドブ「チッ、普通子ども見たらもっと油断してくれるもんだろ。おっさんガキにもてねえぜ?それじゃあよ」

 

芝「こんな商売だが、実は子供は大好きなんもんでね。モテないのはつらいな。ただ、大好きだからこそ、坊主が普通じゃないことくらいわかっちまうんだよ。坊主、今までどんだけ殺してきたんだ?」

 

ドブ「さぁ、死んだ奴はいないんじゃねぇかな…たぶんね」

 

芝「はっはっは、いいぞ坊主。十分だ」

 

ドブ「お眼鏡にかなったみたいで嬉しいね。こっちも、一筋縄じゃいかないってのはわかったよ。年寄りのくせして、鬼みてぇな空気まといやがって」

 

芝「…」

 

ドブ「あ?どこ見てんだ、おっさん」

 

芝「んぁ?…あぁ、あそこにいる女の子はおまえのツレか?」

 

ドブ「…はぁ。なんでこうロリコンばっかしか来ねえんだよ、この町は。まぁ、いいけどさ。あいつに手をだすなら覚悟しとくんだな、こわいやつだぜ」

 

芝「残念ながら、そういう意味での子ども好きじゃないんだ。…くくくっ、この町は二対一体の化け物ってわけか」

 

ドブ「よくわからんけど、ハツカは強ぇぞ」

 

芝「へぇ、お嬢ちゃんの方はハツカって言うのか。で、坊主の名前は?」

 

ドブ「ドブ」

 

芝「おぅ、よろしくな。で、挨拶しにきてくれたんだっけか?」

 

ドブ「まあな」

 

芝「それじゃあ、礼儀を持って挨拶してやるか。獅子神會傘下直系 犬神組組長 芝 蓮樹。 この町の仕切りとらさせて頂きやす。堅気の可愛いお子さん方には、俺らの邪魔だけはしないようお願いしたい次第でございやす。…ミルク買ってやるから、家で遊んでな」

 

ドブ「俺はマイスのリーダー、ドブ。そんで、あいつは同じくリーダー、ハツカだ。ここは俺らの町なんだ。出てけとまでは言わねぇ。だけどよ、あんまり俺らの縄張りでうろちょろされたくねぇんだわ。…大人しくしといてくれねえぇか?いい大人なんだからよぉ」

 

芝「…」

 

ドブ「…」

 

芝「くっくっく、マイスのドブとハツカ、覚えたぜ。これでお互い挨拶は終わったってわけだ。それじゃあ、そろそろ大人は仕事に戻らないといけないんでね」

 

ドブ「あと、もうひとつ。ハツカに手を出してみろ…死ぬぞ」

 

芝「ほう、あの子はそんなに怖い子なのか」

 

ドブ「まぁ確かに怖いけどよ、そうじゃなくてさ…俺が殺すから、おっさん」

 

芝「自信たっぷりみてえだが、言葉にすると安くなるぞ。やるなら黙ってやれ。底が知れるぞ」

 

ドブ「くっくっく、どこかで会ったらそん時は楽しくやろうぜ」

 

芝「願わくば会わないことを祈ってるよ。坊主のためにな

 

ドブ「あぁん?」

 

芝「じゃあな、坊主」

 

 

 

 

ハツカ「どうだった?しゃべってみた感想は」

 

ドブ「別に問題ない。俺らの敵じゃないよ…」

 

ハツカ「それは、敵対することはないってこと?それとも、負けないってこと?」

 

ドブ「…負けらんねぇ。ここは俺たちの町だ」

 

ハツカ「勝てるとは言えない相手…」

 

ドブ「ん?…なんだ?」

 

ハツカ「んーん、何でもない」

 

 

===============場面転換==============

 

 

ミケ「おぅ親父、おかえり」

 

芝「みんな、遅くなって悪かったな。お、すっかり片付いてやがんな。留守中特に変わりはなかったか?」

 

ミケ「なんもねぇよ。すっかり片づけも終わっちまってゆっくりしてたところだ」

 

芝「そうか、ご苦労だった。今日は俺に任せて、お前らもこの町の新しい家に早く慣れたいだろ。今日は帰ってゆっくりしろ」

 

芝「…ふぅ。とりあえず一息ってところだな」

 

ミケ「おい親父、今日はどうだったんだ?ここの警察は使えそうか?」

 

芝「なんだミケ、まだ帰ってなかったのか」

 

ミケ「一応これでも若頭だからな。親父からちゃんと話聞いとこうと思ってよ。で、どうなんだ?」

 

芝「ここの警察は話が早い。というか慣れている。さすがは掃き溜めの警察ってところだ。俺たちみたいな裏の人間の必要性ってやつを、十分以上に理解してる」

 

ミケ「俺たちの必要性?自分で言うのもなんだがよ、さっき親父が言ったみたいに俺たちはいわゆる社会のゴミだ。そんな俺らが誰に必要とされるって言うんだよ」

 

芝「あぁ、そうだ。確かに俺らはゴミだ。だが、こんなゴミ箱ひっくり返したような町には、俺らみたいなゴミにも使い道が生まれてくるってもんなんだ」

 

ミケ「なんだよ、親父…よくわかんねぇぞ」

 

芝「俺らみたいな裏で生きている人間のやることと言えばだ、弱い女どもにつけこんで、犯して、ビデオでとって、薬漬けにして風俗に売っ払って、裏ビデオを複製して。それで、じいさんばあさん騙くらかして、金を巻き上げる。今の時代、そんなもんだろう」

 

ミケ「それはそうかも知れねぇけど、それがどうしたって言うんだよ」

 

芝「だが、今この世界はそんなやつらに風向きは向いてんだ」

 

ミケ「なら、なんでうちの組はそういうことしねぇんだ?」

 

芝「なぜなら、間違ってるからだ」

 

ミケ「そりゃあ、法律犯してるんだから当たり前じゃねぇか」

 

芝「そういう意味じゃない。商売として間違ってるんだ」

 

ミケ「商売としてだぁ?どういう意味だよ」

 

芝「ミケ、俺らの商売ってのはなんだ?」

 

ミケ「何って」

 

芝「何でもいいから答えてみろ」

 

ミケ「法律に縛られねぇで金を巻き上げること、とかか?」

 

芝「間違っちゃいないが、それは本質じゃない」

 

ミケ「じゃあ、その本質ってなんなんだよ、親父」

 

芝「俺たちの本質、それは圧倒的暴力だ。俺らはこれを売って商売してんだ。」

 

ミケ「暴力を売るってどういう意味だ?」

 

芝「実のところ、俺らが法律を犯しているのはたまたまなんだよ。たまたま法律が暴力を禁止しているから、俺らは法律の外にいる。それだけのことよ」

 

ミケ「それだけって、それを悪人って言うんじゃねぇのか?」

 

芝「別段、俺は自分が悪人だなんて思っちゃいない。ただ、欲しがっている奴に、自分の長所を売ってるだけよ。根っこの部分は普通の商売もんとなんも変わらない。まぁ売ってるもんが普通じゃないってだけでよ」

 

ミケ「『犯罪をして金を稼ぐ』じゃなくて、『暴力を売る』」

 

芝「まとめてしまえばそういうことだ。俺ら極道はって言っちまうと、最近はそうじゃない組も多いが、少なくともこの犬神組の本質は『質のいい暴力』を売るってことに限る」

 

ミケ「そんな風に考えたことなんて一度もなかった」

 

芝「最近の若いもんはそうだろうな。法律を無視して、なんでもかんでもやればいいと思っていやがる。さらには、その暴力ですらチャカやドスを振り回せばいいと思ってる奴らも多い」

 

ミケ「強い暴力っていうなら、そういうもんなんだろ?チャカで撃たれりゃ誰でも死ぬんだしよ」

 

芝「暴力ってのにもいろいろあるんだ。もちろん、チャカやドスで相手を確実に殺すのも紛れもない暴力だ。だが、それだけじゃない。どのタイミングで、どれだけの強さで、どういった暴力を用いるのか。俺に言わせれば、そういった暴力の使い分けってのが大事なんだ」

 

ミケ「でも、結局はそういった『殺す』ための暴力が一番なんじゃねぇのか?」

 

芝「この日本で殺しをしてみろ。揉み消すのにも金が掛かるし、警察もすべて揉み消せるわけじゃない。だが、それだけじゃない。死人が出る、それ自体がいけないんだ」

 

ミケ「ちょっと待てよ!!俺らの仕事で殺しちゃいけねぇって」

 

芝「いや、いっそ死んでくれるならまだいい。病人や障害者にでもなられたら最悪だ」

 

ミケ「どういうことだよ。暴力を売るって言ったのは親父だろ?当然暴力を売ってれば、最後はそうなるだろ?そんな同情みたいな話、親父らしくねぇよ」

 

芝「別に同情とかそういうセンチな話じゃない。単純に儲けの物量が絶対的に減っちまう、そういう話だ」

 

ミケ「客が減るっていうことか?」

 

芝「そうだ。だから、殺しや薬漬けなんかは少なくとも、『質の良い暴力』とは言えないんだよ。言い換えれば、こちら側の甘えといってもいいかもしれないな。簡単に金を稼ごうなんて虫が良すぎるんだよ」

 

ミケ「そう言われれば、そういう気もするけどよ」

 

芝「じゃあ価値のある暴力、それはなんだ」

 

ミケ「親父の話を踏まえるならば、殺傷力でもなければ、狂気でもない」

 

芝「お前もわかってきな。そうだ、殺すだけなら『いかにも』なんて格好をして、メンツ気にしたり、周りの奴らの警戒を煽ったりせず、静かに殺した方が効率がいい」

 

ミケ「じゃあなぜ」

 

芝「じゃあなぜか。そんな警戒させるようなことをわざわざするのか。それは、俺らにとって一番大事なことが『暴力の象徴』であることだからだ。ただそこにいるだけで恐れられるような存在になる事こそが一番大事だからだ」

 

ミケ「暴力の象徴」

 

芝「圧倒的暴力の象徴は、その存在とは対照的に盤石な平安を生む」

 

ミケ「んまぁ、言いたいことはなんとなくわかるけどよ。でもよぉ親父、殺しもせずに、どうやって人を恐れさせるんだ?恐れさせるためにも、見せしめは必要だろ。暴力を披露する場面なんてそうそうあるもんじゃねぇしさ」

 

芝「普通なら、同業同士での抗争が大きな広告になるんだがよ。もしやと思って、公安の方々にも伺ってみた。そしたら案の定、やっぱりこの町には同業はいないとのことだ。なぜなら」

 

ミケ「化け物のせいか」

 

芝「そういうことだ。なら俺らはがやることはひとつ」

 

ミケ「化け物退治ってわけね」

 

芝「そういうことだ。こんなゴミクズみたいな俺たちの最初の仕事は、正義の勇者様になることだってんだから、まったく社会ってのは面白い」

 

ミケ「だがよぉ、勇者ってんならそれこそ正義の味方の公安様がいるじゃねぇか」

 

芝「公安だって誰に対しても正義でいられるわけじゃない。奴らにも手が出せない相手ってのがいるんだ。俺ら裏のデカい組織しかり、国のお偉いさん、自分の家族、結構いるもんよ。そして、法律の枠の外にいる人間もだな」

 

ミケ「法律の枠の外…もしかして、子どもか?」

 

芝「だから、今回はその広告も使えねえかもしれん」

 

ミケ「女や子どもに手を上げるってのは、己の暴力の価値を下げるってわけか」

 

芝「まぁしばらくは様子見だ。邂逅しなければそれはそれでべつにいい。ただ、向こうが手を出してきたらその時は…」

 

 

===============場面転換==============

 

 

A「くっそ、なんでこんなことになりやがった。口ん中切れて味もしねえじゃねえかくそ!くそ!くそ!」

 

店員「あ、あのお客さんお勘定がまだ…きゃあ!」

 

A「うっせえぞ!!こんな味もしねえもん食ってなにが金だ!!んなもん払えるかくそアマ!!むしろこんなくそまずいもん食わされて、慰謝料払ってもらいたいのはこっちだぜ!払ってくれるんか?その体でよぉ、ぁあ?」

 

店員「いや、離してください!」

 

A「ひっひっひ、嫌がるところがいいねぇ」

 

店員「人を、人を呼びますよ!!」

 

A「だーれを呼ぶってんだ?ひひっ」

 

ミケ「誰ってそりゃあ俺らに決まってんだろ」

 

A「はぁ?お前誰だ?」

 

ミケ「誰って、ここのケツモチだよ」

 

A「ケツモチだぁ?関係ねぇ、すっこんでろよ!俺はまーだなにもしてねぇんだからよぉ。ケツモツもなにもねぇだろ」

 

ミケ「はあ?今食い逃げしようとしてただろ?しかもかーわいい店員さんに手を出そうとしてたよなぁ?」

 

A「だからまだ何も…ぐ…あ…が…」

 

ミケ「やられ役が一丁前に粋がってんじゃねえよ。このまま首の骨ぽっきりやっちまってもいいんだぜ」

 

A「ぐ、ぐぎぎ…がはっがはっ!お、おま…」

 

ミケ「お前もわかってんだろ。別に俺らは正義の味方ってわけじゃねぇし、俺らが守るルールは法律なんかじゃねぇ。俺らはこの店から上納金として金を貰ってる。なら、それに見合うだけの暴力を振るうのが俺たちの仕事だろ?」

 

A「げほっげほっ!!…くそ、くそがああああああああああ」

 

ミケ「いちいち立ち向かってくんな、うぜえ。弱えんだから静かにしてろや。俺に勝ちたきゃ、生まれ変わって10万馬力にでもなって来いってんだ」

 

A「うがっ!!!!!」

 

ミケ「おいおい、やってくれるぜ。壁、お前が吹っ飛んだせいで壊れちまったじゃねぇか。飯の代金と弁償代はキッチリ払ってもらうからな…って、お前のサイフ空っぽじゃねえか。最初っから食い逃げする気満々じゃねぇかよ。チッ…姉ちゃん悪かったな、俺が立て替えておくからよ、これで弁償してくれ」

 

店員「え、あ…あの、ありが…」

 

ミケ「次の上納金、滞納せずにお願いしますね」

 

店員「あ…はい」

 

ミケ「敵対すれば暴力ほどこわいものもないからこそ、金でそれを味方につけられるのなら安い。親父が言っていたのはこういうことか。それにしても、親父はなんて言うか…あんま極道に向いてねえんじゃねえかな。ま、俺は親父に付いていくだけだし、別にいいんだけどよ」

 

ドブ「なぁ兄さん」

 

ミケ「あ?」

 

ドブ「兄さんさぁ、ここって一応俺らの縄張りなんだよね」

 

ミケ「何言ってんだ、坊主。どっかの組のお遣いとかか?」

 

ドブ「んなわけねぇじゃん」

 

ミケ「そりゃそうか。この辺に組はねぇんだもんな」

 

ドブ「確かに組なんてもんはねぇなぁ。だって俺らが潰しちゃうからさ…くくっ」

 

ミケ「はあ?何言ってんだ?」

 

ドブ「だからさ…こういうことだよ!」

 

ミケ「わ!!あぶねえなぁ!!」

 

ドブ「うっせえ、そいつと仲良く並んで黙って寝てやがれ!!」

 

ミケ「おっと、なんだよおい。いきなり何すんだ」

 

ドブ「何って…先に俺らの稼ぎの邪魔したの兄さんじゃねぇか」

 

ミケ「はぁ?邪魔って何がだよ」

 

ドブ「足元のそれ、そこに転がってるバカいるよね。そういうのが俺らの食いぶちなわけ」

 

ミケ「これが?」

 

ドブ「そう、それが。俺たちはそういうバカにケンカ吹っかけて、ぶっ飛ばして、お金を巻き上げて食ってってんの。だから、簡単に手をだされると困るわけ」

 

ミケ「そんなことして食ってんのかお前ら」

 

ドブ「なに言ってのさ。兄さんたちだって同じようなことしてるだろ?お金をもらう相手が悪い奴らのぶん、俺らのほうがよっぽど良心的だと思うけどね」

 

ミケ「あぁ、まぁそうなんだが。そういう意味じゃなくてよ、わざわざそんな方法じゃなくても、他にもっと安全な方法があるんじゃないかってこと」

 

ドブ「あんたもバカなの?できるならやってるよ。できないからやってないんだよ」

 

ミケ「いや、もっとあるだろ!」

 

ドブ「だからさぁ、俺たち子どもに出来ることなんて、そんなにないんだって」

 

ミケ「だけどよぉ、こうやって手を出されるとこっちも黙ってるわけにはいかねぇわけよ。子どもに手を出すなんざぁ、大人のすることじゃねぇけどよ。舐められるわけにはいかない職業なもんでよ」

 

ドブ「黙ってるわけにはいかない…で、どうすんのさ」

 

ミケ「どうするかって…うぉりゃ!!…こっちも手を出す!!」

 

ドブ「がはっ!」

 

ミケ「おいおい、大丈夫か?」

 

ドブ「ははは…心配してくれるとはやさしいねぇ」

 

ミケ「そりゃ、堅気の子どもに手を出してるんだから心配もするさ」

 

ドブ「そいつはどうも。でもよ、こんぐらいじゃあ俺は倒せねぇよ!」

 

ドブ「は!…ふん!…うりゃ!!」

 

ミケ「っと…すっごいねぇ、一発一発も重たい。とても子供とは思えねぇな」

 

ドブ「なら、さっさと倒れろ!!」

 

ミケ「だけどさ、俺のほうが強いんだわ」

 

ドブ「このっ!…くそ野郎!」

 

ミケ「おらおら、どうした!手が止まっちまったぞ!!誰が誰を倒すって?ガキが粋がって勝てる相手だと思うなよ!!」

 

ドブ「はぁはぁ…」

 

ミケ「あぁあ、もう息上がっちまってんじゃねえか。なぁ、たぶんお前があれだろ、この町の化け物ってやつ。親父から特徴だけは聞いてたからよ」

 

ドブ「は?なんだ?化け物って」

 

ミケ「確かに雰囲気は良いもんあると思うし、狂気染みた怖さもある。けどよ、肝心の強さが足んねぇよ。で、もう一人は確か女の子って話だろ?なら、たぶんお前よりも喧嘩は弱いだろ。力不足だ、お前らじゃあよ」

 

ドブ「くくくっ、弱ぇか。なぁ兄さん、俺達がなんて呼ばれてるかは聞いてるのか?」

 

ミケ「確かマイスだったか?」

 

ドブ「そう、マイスだ」

 

ミケ「それがどうした?」

 

ドブ「マイスの意味、ちゃんとわかってる?」

 

ミケ「あ?」

 

ドブ「ネズミたちって意味だ。ネズミは一匹みたら30匹はいるって話、兄さんは聞いたことない?」

 

ミケ「…!?!?な、なんだこの数!!全員子供か!?!?」

 

ドブ「まぁ、俺たちは30匹どこじゃねえけどな!!」

 

ミケ「はっはっは、おもしろい!だけど、本当にこれでいいのか!?ぶっ倒れる人数が一つから数十体になるだけだぞ!?かかってくんならよぉ、死ぬ気で生き残れよ!手加減はしてやっからよ!!うおおおおおおおおおおおおお」

 

ドブ「な!?これだけの人数をなぎ倒してやがる!?お前人間かよ!…くそ!!」

 

ミケ「伏兵を出すタイミングがなっちゃいねぇんだよ!!それ以上に、全員弱い!!それだけだよ!!」

 

ドブ「こんの!!!四方からの同時攻撃!だが、絶対にひとりでとびかかるな!!正面は俺が抑える!!代わる代わる攻撃して、奴に手を出させるな!!一発でも貰ったら終わりだぞ!!」

 

ミケ「いい判断だ。ガキにしちゃあ場慣れしてるみたいだな」

 

ドブ「うるせぇよ」

 

ミケ「だけど、それでも足りねぇ」

 

ドブ「くっ」

 

ミケ「これだけ囲んでるくせして、攻め倦てるのにイライラしてんのか?それじゃあ、攻め切れねえ理由を教えてやろうか?」

 

ドブ「別いらねぇよ!!」

 

ミケ「正面はお前が抑えるって言ったか?ははっ!そのお前が、俺を抑え切れてねえんだよっ!!」

 

ドブ「くそっ…」

 

 

 

ハツカ「ドブ!!」

 

ミケ「あぁん?誰だ、お前」

 

ハツカ「ゴメンなさい、私ってイイ男にしか名乗りたくないのよ」

 

ミケ「あぁ、親父が言ってたもうひとりか。ほう、確かに将来が楽しみだなぁ」

 

ハツカ「何してんのドブ、バカじゃないの?!策もなしで突っ込んで、ケガ人でも出たらどうすんの!」

 

ドブ「しょうがねえだろ!ここで引いたらこれからも俺らの食いぶち奪われるだけだぞ」

 

ハツカ「それでこの子たちにケガさせたら本末転倒じゃない!!」

 

ミケ「こいつはありがてぇ、こいつを止めてくれよ。俺としてもガキをぶちのめすのは心が痛む」

 

ドブ「ふん…」

 

ハツカ「とりあえずここは引くわよ。無駄に荒らすタイプにもみないし」

 

ドブ「でもよ!」

 

ハツカ「いくわよ!!」

 

ドブ「…チッ、わかったよ。じゃあな、兄さん。俺らの邪魔はするな、俺らに手をだすな」

 

ミケ「はいはい、わかったよ。俺らの仕事の邪魔をしない限りな」

 

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

ハツカ「はぁ、まったく」

 

ドブ「悪かったって。確かに今回は俺が全面的に悪い」

 

ハツカ「私たちがあいつに仕掛けにいったところでなんの得があるのよ」

 

ドブ「正直あそこまで強ぇとは思ってなかったんだよ」

 

ハツカ「あんたって、ほんとバカ。で、本気だったの?」

 

ドブ「ん?俺がか?それともあの兄さんがか?」

 

ハツカ「どっちもよ」

 

ドブ「んー、まぁ向こうは死ぬ気で手加減してくれてたみたいだからな」

 

ハツカ「で、ドブはどうだったのさ」

 

ドブ「まぁ、俺もちょっとは手を抜いてたけどよ」

 

ハツカ「本気だったのね」

 

ドブ「あ、嫌だ嫌だ!ハツカはそうやってすぐ俺の言うことは信じないんだから」

 

ハツカ「あんたの言葉じゃなくて、心を信じてんのよ。イイ女すぎるわ、まったく」

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

 

ミケ「親父ー」

 

芝「おう、ミケか。けっこう遅かったな」

 

ミケ「親父、どういうことだよ。この町の化け物ってのに会ったけどよ」

 

芝「おぅ、会ったのか。まだ小っこかっただろ」

 

ミケ「小っこいどころじゃなくて、めちゃくちゃ弱かったぞ!」

 

芝「なんだ、もうやり合ったのか」

 

 

ミケ「確かに雰囲気はあるし、怖さもある。あの年にしちゃあそれなりに喧嘩だって強いだろうさ。だけど、中身がとんだ普通なんだよ」

 

芝「おぉ、思ったよりよく見てんじゃねえか。おまえの言ってることは正しい。あいつらは普通だ」

 

ミケ「あのドブってやつ、ずっと仲間を庇いながら喧嘩してやがった。あれじゃあ多対一の強味なんてほとんどねぇ。それなのにあいつは!!」

 

芝「なかなか面白そうじゃないか」

 

ミケ「だから面白くも何ともねぇんだよ!ただの普通の子どもなんだって」

 

芝「普通だから面白いんだ。あいつらの人生が普通だったわけがない。なんせ、あの年で、あの生き方に、あの身のこなしだ。あいつらが普通な生き方をしてきたわけがない」

 

ミケ「でもよ、中身が普通なんだよ」

 

芝「そこが、あいつらが化け物である根幹だ。そんな生き方に腐るわけでもなく、社会に反抗するわけでもなく、生き抜くことに純粋だ。自分たちの幸せに対して努力をしている。信じられるか?」

 

ミケ「たしかに、気持ち悪いな」

 

芝「普通でいられるだけの精神力。そういう奴は何やらせても強いもんだ。常に最適解と最短手を選び出す。面白いだろ」

 

ミケ「なぁ、親父はあいつらをどうするつもりなんだ」

 

芝「別にどうもうこうもない、ただ俺たちは俺たちの仕事をするだけだ」

 

ミケ「じゃあとりあえずは、もうしばらく放っとくのか?」

 

芝「いや、もうそろそろ嫌でも放っておけなくなる」

 

ミケ「何か始まるのか?」

 

芝「まぁ、今にわかるさ。何とかするぞ」

 

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

 

 

ドブ「はぁっはぁっ。くっそ、おい大丈夫か!」

 

ハツカ「ドブ、遅いよ!!」

 

ドブ「何があった!?」

 

ハツカ「わからない。ただ、私たちマイスが狙われているのは間違いない。メンバーが襲われたのはこれで4人目よ。明らかに私たちを狙ってるとしか」

 

ドブ「とりあえず、このことを全メンバーに通達してくれ。2人以下での行動は避けて、必ず3人以上で行動するように。加えて巣は絶対バラしちゃいけねぇ。巣に帰る時は連絡取り合って尾行確認してからだ」

 

ハツカ「でも、それじゃあ」

 

ドブ「わかってる。後手後手だし、相手の正体がこれでわかるわけじゃない。だけど、しばらくはこうするしかない」

 

ハツカ「ドブ、こちらから打って出る策があるのは分かってるんでしょ?」

 

ドブ「ダメだ!!」

 

ハツカ「私が囮になる!」

 

ドブ「ダメだって言ってるだろ!!お前だけじゃない、誰にもそんなことはさせねぇ!」

 

ハツカ「じ、じゃあどうするのよ!」

 

ドブ「ちょっと待て」

 

ハツカ「何よ!?」

 

ドブ「おい、この間のあいつらだ。なんであいつらこんな裏通りに?…よし、追うぞ!!」

 

ハツカ「え!?ちょっと待って!!だってあいつらは…」

 

ドブ「あぁ、俺がこの間あしらわれたあいつと、犬神組の組長」

 

ハツカ「じゃあ…」

 

ドブ「マイスという組織を知ってて、俺らをこうも簡単にノしていけるほどの人間なんて、そうはいないだろ」

 

ハツカ「それはだけど」

 

ドブ「とりあえず、尾行だけだ。危なくなったら逃げる」

 

ハツカ「わかった」

 

 

===============場面転換==============

 

 

芝「ミケ、とりあえず倒れてる坊主を運んでやれ。丁寧にな」

 

ミケ「おう。とりあえずは車につむとするか」

 

芝「そのうちまた状況が変わる。そしたら…」

 

ドブ「くそ野郎おおおおおおおおお!!!」

 

芝「この声はあの坊主か」

 

ミケ「こんな路地裏で、でけぇ声なんか出しやがって。反響してうるせぇだろ」

 

芝「悪いタイミングな気もするが、まぁ丁度いいと言えばそうかもな。ミケ、今度はしっかり相手してやれ」

 

ドブ「何しやがったあああああああ!!うるぁ!!」

 

ミケ「うおっ!!あいっかわらず、すっげえ力だな!!何がってなんのことだ?あっ?!」

 

ドブ「何言ってやがる!!そこにいるのはマイスのメンバーだ!!」

 

ミケ「へー、そうなのか。まぁ子どもだし、そうなのかもとは思ったけどよ」

 

ドブ「で、そいつがケガしてぶっ倒れてる。お前たちはここで何をしてたあああああ!!」

 

ミケ「なんでいちいちお前に教えなきゃいけねーんだ!?お前は俺の彼女か?お袋か?あぁん!?」

 

ドブ「何にも言うつもりないならよ、何にも言えねぇ体にしてやるよ!!おらあああ!!」

 

ミケ「だからお前じゃ無理なんだよ!!」

 

ドブ「がはっ!!…くっ…くそが…」

 

ハツカ「ドブ!無理だよ!!」

 

ドブ「ここで引き下がってなんになる!それじゃあ、マイスのみんな守れねぇ!!」

 

ハツカ「だからって!このままやったらあんたが!!」

 

ドブ「あいつを車に積み込まれたらもう助けられねぇかもしれねぇだろ!それに、これ以上先延ばしにしても、こいつらにやられるメンバーが増えるだけだ!!」

 

ハツカ「…わかった」

 

ドブ「じゃあ、お前はメンバーに」

 

ハツカ「違う!!私もここでやる!!」

 

ドブ「おま…!!」

 

ハツカ「いいから!ここで止めなくちゃいけないんでしょ!?どっちの方が勝率高いわかってるでしょ!」

 

ドブ「チッ…、合わせて飛び込むぞ」

 

ミケ「これで少しは楽しくなりそうだな」

 

ハツカ「やぁ!!」

 

ドブ「おりゃ!!」

 

ミケ「いいねぇ、お嬢ちゃんのほうもいい攻撃だ。子どもで尚且つ女なのに、坊主のほうにも負けない重さがある。なるほど、遠心力と重力を利用してんのか。なかなか器用な真似するじゃねぇか」

 

ドブ「おらっ!!」

 

ハツカ「はっ!」

 

ミケ「コンビネーションも上々。常にお互いが、攻撃した瞬間に敵の死角に潜り込む。なかなか良い。だけどなぁ、それでも足んねえんだよ!!!」

 

ハツカ「きゃあ!!」

 

ドブ「ハツカ!!」

 

ミケ「逆を言えば、必ず死角にいるんだよなぁ」

 

ハツカ「だ、大丈夫…」

 

ミケ「いや、どこも大丈夫じゃねぇから」

 

ハツカ「何言ってんの、私はケガもしてないしまだ戦える!」

 

ドブ「いや大丈夫じゃねぇ。そういう意味じゃねぇんだよ」

 

ミケ「そう、そういう意味じゃねぇ。お前らが今の攻撃で俺に触れさえできなかったってのが問題なんだよ。おそらく、さっきの攻撃はお前ら二人とも、最高速の手数で攻撃してきたんだろ。それなのに一つとして、お前らは当てることができなかった。攻撃が当たらない人間に、お前らはどうやって勝つつもりだ?あぁん?」

 

ハツカ「それは…」

 

ドブ「とりあえず、俺がなんとかして隙をつくるから、ハツカはあいつを助け出してここから逃げろ!全力で、全速力でだ!!」

 

ハツカ「でも、それじゃあ残ったドブはどうするの!?ひとりでこの現状をどうにかなんて出来るわけないじゃない!!」

 

ドブ「だからって、このまま二人でやってもなんにもならねぇだろ!」

 

ミケ「そりゃそうだ、もうどうにもならない」

 

ドブ「ぐはっ!!!!…がはっがはっ」

 

ミケ「だってその逃げる隙すら作れないんだから」

 

ドブ「う゛ぅ……く…」

 

ハツカ「ドブ!!」

 

ミケ「注意をそらすな!敵を見ろ!!今、お前の置かれてる状況を冷静に把握しろ!!嬢ちゃん、今俺が攻撃してたら死んでたっておかしくねぇぞ!」

 

ハツカ「う…」

 

芝「なぁ嬢ちゃん…俺らについてこい」

 

ハツカ「は?!な、何言ってるの!?」

 

ミケ「親父!突然何言ってるんだよ!?こんな奴連れてってどう…」

 

芝「嬢ちゃんは眉目秀麗、頭もよさそうだ。それに身体能力も申し分ない。うちの組でもなかなかいない逸材だ。どうだ、来ないか?」

 

ハツカ「は!?バカなこと言わないでよ!!」

 

芝「はっはっは。悪い悪い、言い方が悪かったな。文句は許さん、来い。」

 

ハツカ「なっ…」

 

芝「そこに転がってる坊ちゃんの頭がスイカみたいに真っ赤に割れたところなんて見たくないだろ?」

 

ハツカ「…くっ…くそ…たれ」

 

芝「いけないねぇ、そんな言葉はお嬢ちゃんには似合わねぇ」

 

ドブ「ぐ、人が寝てる間に……勝手に話進めてんじゃねぇぞおおお!!」

 

ミケ「お前じゃ今の状態を何も変えられねぇんだよ!!おら!!!」

 

ドブ「うわああああああ」

 

ミケ「今のお前じゃな」

 

ハツカ「やめて!!行くから!!!…私行くから」

 

ドブ「な、バカ…お前何されるかわかんねぇぞ」

 

ハツカ「ドブ…」

 

ドブ「おい!ハツカ!!」

 

ハツカ「私はハツカ…ハツカネズミだもの。ドブと違って、人に飼われることには慣れてるわ」

 

芝「はっはっは、いい選択だ」

 

ミケ「懸命だな」

 

芝「守る方法ってのはひとつじゃない。嬢ちゃんの選択は間違いじゃない」

 

ドブ「くっそ…何考えてんだよ!」

 

ミケ「お前は少し眠ってろ!!」

 

ドブ「がっ………」

 

ハツカ「ドブ…!!!」

 

芝「通りに寝かせといてやれ。人通りのあるところなら、よっぽどのことはないだろ」

 

ハツカ「あり…がと」

 

芝「礼を言うか」

 

ミケ「ありがとう…ねぇ。お前もやっぱり化け物なんだな」

 

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

 

 

ドブ「あいつは俺がいなきゃぜんぜんダメで、いつも一歩下がって俺のあとについてきて、とても敵のなかでうまくやれるタイプじゃない。くそっ!なんで俺を連れて行かなかったんだ!!あいつよりも俺のほうがぜんぜん仕事だってできるのに!!」

 

ドブ「あいつは俺が守ってやらなきゃ…」

 

ドブ「あいつのことを一番にわかってやってるのは俺なんだ…」

 

ドブ「あいつは俺がいなきゃ一人ぼっちになっちまう…」

 

ドブM(本当に?)

 

ドブ「本当さ!!あいつとずっと一緒にいたのは俺だ!」

 

ドブM(そうだね、ずっと一緒にいたのは君だ)

 

ドブ「だから今あいつはひとりぼっちで…」

 

ドブM(そうだ、彼女はひとりぼっちだ)

 

ドブ「助けなきゃ…」

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

 

ミケ「おい、親父…うちの組員が襲われてるぞ。どうするんだ?」

 

芝「まぁ、あいつだろうな」

 

ミケ「なんであの嬢ちゃん連れてきたんだ?俺にはさっぱり見当つかねえよ」

 

芝「まぁ坊主に負けるようじゃあ、うちの息子たちもまだまだってことだな。また喝入れてやらないかんなぁ」

 

ミケ「話ずらしてるのバレてるぞ」

 

芝「別に話ずらしてるわけじゃねえんだが。…まぁ、しいて言うなら世間知らずのお子様に教育ってところかねぇ」

 

ミケ「教育ねぇ。そういえばあの嬢ちゃんには相当いろいろ知識詰め込んでるらしいじゃねぇか」

 

芝「あぁ、あの子はすごい。資料さえ与えておけばどんどんと吸収していく」

 

ミケ「医術からハッキングスキル、果ては警察機構内部の構造やシステムまで。そこまでしてあいつをどうするつもりなんだ?」

 

芝「どうもこうもないさ。ところで手合いの方はどうなんだ?」

 

ミケ「あぁ、そっちも一緒だ。教えてやった分だけどんどん強くなっていく。あいつは感覚で動くタイプじゃねぇ。頭で考えて、最善手を選択していくタイプだ。あれならそこらへんの喧嘩自慢なんかは敵じゃねえだろうな」

 

芝「あとは待つだけか…」

 

ミケ「それにしても、よくあんな従順に言うことを聞くよな。毎日勉強漬けに訓練漬け」

 

芝「それは、あれだろ。掻くつもりなんだよ、俺たちの寝首をよ」

 

ミケ「…はぁ、やっぱ一番わかんねぇのは親父だわ」

 

芝「そろそろ全員事務所に戻しとけ。たぶんそろそろここに来るころだろうからな」

 

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

 

 

 

ドブM(なぜ取り返せない?)

 

ドブ「なんでだ?」

 

ドブM(実はあまり取り返したくない?)

 

ドブ「そんなわけないだろ!!あいつはあいつは…」

 

ドブM(口うるさくてなぁ)

 

ドブ「あいつは…」

 

ドブM(ひとに好かれるのはいつもあいつで…)

 

ドブ「違う…」

 

ドブM(いつも奇麗で正しくて、あいつのそばにいれば、それだけで自分は正しいなんて勘違いができたんだもんなぁ)

 

ドブ「それは…」

 

ドブM(あれ?必要とされてるのはどっちだっけ?)

 

ドブ「それは」

 

ドブM(助けてほしいのはどっち?)

 

ドブ「やめろ」

 

ドブM(ひとりぼっちなのはどっちだ?)

 

ドブ「やめろおおおおおおおお!!!」

 

ドブM(あいつは今、やつらの中で幸せにくらしてるのかもな)

 

 

 

ドブ「誰だ?お前は」

 

ドブM「ひゃははははははははは」

 

ドブ「ネズミのマスクだぁ?バカにした恰好しやがって。今俺は」

 

ドブM「考え事で忙しい?」

 

ドブ「あぁ?」

 

ドブM「だからダメなんだよ。ただ壊したい奪いたい、そういう純粋なものにならなきゃお前は強くなれねぇよ。奪うこと以外考えてんじゃねぇよ。ひゃは」

 

ドブ「ぐっ!いきなり殴りかかってくるとか…くそ、なんなんだよ!!」

 

ドブM「俺が代わりにいってやる。何も考えず何も思わずただただ壊して奪ってきてやるよ」

 

ドブ「何言ってやがるあいつを助けるのは俺だ!!」

 

ドブM「俺だ…か。くくく、あははははははは!!お前じゃ無理だから俺が出てきたんだろ。ひとつだけいいこと教えてやるよ。お前はハツカなしじゃ生きていけねえんだよ。ひゃははははは、俺と変われや、ドブネズミ」

 

ドブ「がはっ!!」

 

ドブM「奪う…全部はそれからだろ」

 

 

 

 

===============場面転換==============

  

 

芝「来たみたいだな」

 

ミケ「あぁ、下がだいぶ騒がしい。と思ったら、静かになったな」

 

芝「ハツカは隣の部屋か?」

 

ミケ「あぁ、さっきまでは普通に寝てたけど」

 

芝「まぁ、この騒ぎだ。そのうち起きてくるだろ」

 

ミケ「武闘派を自称してるのに、こうポンポンとガキにやられる組員を見てると情けなくなるな」

 

芝「殺さずに相手をしろってのは、あいつらにはまだ難しいか」

 

ミケ「また全員、鍛え直しだねぇ」

 

芝「とりあえずミケ、我慢はしてみるけどよ、もし俺が…」

 

ミケ「わかってるよ。まったく損な役回りだぜ」

 

ドブ(ぶつぶつぶつぶつ…)

 

ミケ「だいぶ雰囲気かわったんじゃねえか」

 

ドブ「壊して殺して奪うだけ、壊して殺して奪うだけ、壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して壊して。ハツカを奪いにきた」

 

芝「はは…予想以上だな」

 

ミケ「おいおい、変わりすぎだろ」

 

芝「ところでよう坊主、その手に持ってるもんを放せ」

 

ドブ「壊す壊す壊す壊す」

 

芝「お前が手に持ってるのはうちの大事な息子だ。今すぐその手を放せ」

 

ドブ「ダメだよ、まだ壊してる最中なんだから。ほら、こうやって殴って踏み潰して、壊して壊して壊して壊して」

 

芝「やめろって言ってんだクソガキが!!」

 

ドブ「…ひゃは」

 

芝「潰す…」

 

ドブ「壊す…」

 

芝「潰す潰す潰す潰す潰す潰す潰す潰す潰す」

ドブ「壊す壊す壊す壊す壊す壊す壊す壊す壊す」

 

芝「…」

 

ドブ「…」

 

ハツカ「バカドブううううううううううううう!!」

 

ドブ「ひゃっ!?」

 

芝「はっ!?」

 

ハツカ「来っるのが!!おっそいのよ!!!!うりゃああ!!」

 

ドブ「痛っ!!おま…何すんだよ!!」

 

ハツカ「って、ちょっとぶっ飛びすぎよ!大丈夫?」

 

ドブ「大丈夫じゃねぇよバカ。ところで、お前捕まってたんじゃないのか?」

 

ハツカ「えぇ、隣の部屋に捕まってたわよ!というか、まだ捕まってることに違いはないわ、あの親父がいる限り私ここから出られないんだもの」

 

ミケ「おいおい、さっきまでのはどうしたんだよ?狂気の王子様みたいで、せっかく良い感じに怖くなってたのによ」

 

ドブ「ぁあ?…別に狂ったわけでもねえし、王子でもねえっつうの」

 

芝「お前ら全員黙ってろ。おいクソ餓鬼、今から潰してやっから感謝しろ」

 

ドブ「ぁあ?なんだ?急にキレやがって」

 

芝「俺の息子に手を出したんだ…殺してやるよ」

 

ミケ「おい、親父!!」

 

芝「殺す…殺す…殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す」

 

ミケ「おい親父!今はそうじゃねえだろ!!」

 

ドブ「くるか」

 

ミケ「わりぃな親父…」

 

=============芝を後ろから撃ち抜くミケ============

 

 

芝「おい、ミケ…」

 

ミケ「親父を撃つ日が来るとは思ってもいなかったよ」

 

ドブ「おい、なんで撃ったんだ?お前んところの親父だろ?」

 

ミケ「別になんてことはねぇ。こっちの事情だ」

 

ドブ「チッ、わけわかんねぇ」

 

ミケ「悪いが、こっちもそれなりに急ぐ事態になっちまった。手短に話だけさせてくれや」

 

ドブ「なんだよ話って」

 

ミケ「お前らを襲ったのは俺ら犬神組じゃねぇ」

 

ドブ「今さら下手な言い訳か?」

 

ミケ「信じるも信じねえもお前次第だけどよ、俺らは女やガキに手を出さねぇ。それが堅気と言えば尚更だ。…おっと、お前らは例外だぜ」

 

ドブ「じゃあ誰がやったって言うんだよ!」

 

ハツカ「もしかして…警察」

 

ミケ「BINGO!さすが一通りあいつらの勉強しただけのことはある。察しがいい」

 

ドブ「なんで警察つが!?」

 

ハツカ「あいつらは今、ある政策をしているの」

 

ドブ「政策?」

 

ミケ「ストリートチルドレンゼロ計画。お題目としては、子どもたちへの補助支援の活性化による町の健全化」

 

ハツカ「だけど、あいつらのやることだもの。その実態はたぶん相当酷いものだと思うわ」

 

ミケ「その通りだ。お金かけて健全にするより、町から追い出した方が早ぇ。ストリートチルドレンゼロっていう結果は変わらねえしな」

 

ドブ「チッ…じゃあ俺らが復讐すべきは、犬神組じゃなくって、公安の犬ってわけかよ」

 

ミケ「まぁ、そういうことだ」

 

ドブ「話はわかった。じゃあどけよ」

 

ミケ「嫌だね」

 

ドブ「はぁ?なんでだよ!信用できねぇお前の話を、一応信じて帰ってやろうってんじゃねぇか!なんで戦う必要があるんだ、あぁん?」

 

ミケ「気にすんな、それもこっちの事情だ。それに、俺を倒せねぇようじゃ、お前らに警察潰すなんて無理な話だよ」

 

ハツカ「倒さないと、帰してくれないってわけ?」

 

ミケ「まぁ、そういうこった」

 

ドブ「ったくよう。今度は負けてでもぶっ飛ばすぞ」

 

ミケ「やれるもんならな」

 

ハツカ「ちょっと!…もう、わかったわよ!」

 

ミケ「ふん、ここは礼儀を通して、改めて口上を述べさせてもらおうか。俺は獅子神會傘下直系 犬神組が若頭のミケ。拳で頭撫でてやるから何べんでもかかってこいよ!!」

 

ドブ「へっ、恰好つけやがって。マイスリーダー、ドブ」

 

ハツカ「同じくリーダー、ハツカ」

 

ドブ「あいにく大人に頭撫でられたことはねぇんだよ。これからも撫でられるつもりはねぇ!!」

 

ハツカ「女の髪に気安く触る男は嫌われるわよ」

 

ドブ「いくぜ!おりゃ!!」

 

ハツカ「はっ!」

 

ミケ「また速度にかまけた下方からの乱打か。成長してねぇじゃねぇのか!?」

 

ハツカ「ドブ!」

 

ドブ「わかってるよ!!俺がこの間負けたのはハツカがいたからだ」

 

ハツカ「失礼な言い方ね!!」

 

ドブ「でもそうだろうがよ」

 

ミケ「お、ちゃんと気づいてんじゃねぇか。でも嬢ちゃんがいなかったら、それはそれでお前負けてただろ」

 

ドブ「チッ…そうだよ。俺が負けたのは、ハツカのことを信用せずに、状況把握からハツカの動き、撤退のタイミング、攻撃防御、すべてを自分でやろうとしたからだ」

 

ハツカ「その通りよ、バカ。私のせいにしないでよね」

 

ミケ「ドブ、お前は親父によく似たタイプだ。目の前のひとつのことに集中した方が力を発揮できるタイプだ。あの狂気の王子様モード、あの状態の時は周りが見えないほどに、たった一つのことに集中してたはずだ」

 

ドブ「ハツカを奪え」

 

ミケ「そうだ!そのたった一つに集中したお前の姿があれだ!!あいつはお前の中の化け物でもなければ、幽霊や神の類でもない。あれはお前自身だ。紛れもなくな!!」

 

ドブ「あれが俺自身…。まったくもって嫌な気分だぜ!!おい、ハツカ!!」

 

ハツカ「わかってるわよ。私のことなら信じても大丈夫。レベルアップしたのはドブだけじゃないんだから」

 

ドブ「ははっ、そうみてぇだな!よっしゃもう一丁行くか!!」

 

ミケ「たぁのしくなりそーだなー!!」

 

ドブ「殴る…殴る…殴る殴る殴る殴る殴る」

 

ミケ「くっ…ははっ、さっきと全然違ぇ!でもなぁ、それだけじゃあ俺は倒せねえぞ!!おらっ!!」

 

ドブ「うぐっ!!」

 

ミケ「いい具合に集中してやがる…。殴っても止まりやしねえ」

 

ドブ「殴る殴る殴る殴る殴る」

 

ミケ「それならそれで、お前の攻撃に合わせてカウンターぶち込むだけだ」

 

ハツカ「それをさせないために、私がいるんじゃない。今度は邪魔するためじゃなくて、あんたを倒すために」

 

ミケ「くそっ、守りの堅い女房だねー。この間の反省を活かして、今度は役割分担か。なかなか良い連携かましてくれるねー!」

 

ハツカ「にょ!女房なんかじゃないわよ!!」

 

ミケ「お前が顔赤くするところ初めて見たかもな…」

 

ハツカ「う!うるさい!!」

 

ミケ「おっと…ははっ!守りのお前が攻めて大丈夫か?あぁん?」

 

ハツカ「大丈夫よ、本命はこっちだもの」

 

ドブ「殴り…倒す!!」

 

ミケ「なっ!ハツカの陰に隠れて!!ぐはっ!!」

 

ドブ「うおりゃああああああああああ」

 

ミケ「…」

 

ドブ「…」

 

ミケ「くくくっ、あと一歩ってところだったなぁ。まぁ惜しかったよ。だが、少しだけ足りなかった。これで仕舞いだぁあああああ!!」

 

ハツカ「そうね、言う通りお仕舞ね。前に言ったでしょ、マイスは二匹じゃないって」

 

ミケ「なっ!?お前らどこから現れやがった!!」

 

ハツカ「この間とは違うわ!!ドブも!私も!!!」

 

ミケ「くそっ!離れやがれガキども」

 

ハツカ「そのまま、上下前後左右から、奴の四肢をできるだけ抑えて!!振りほどかれても、全員で攻撃を仕掛けて奴に攻撃をする隙間を与えない!!」

 

ミケ「この…だが、これじゃあ前回と同じ作戦だ」

 

ハツカ「そうよ、前と同じ。だけど、今回は私たちが違う!!」

 

ミケ「くそ!雑魚どもがぁあああああ!!」

 

ハツカ「今だ!全員どけ!!」

 

ドブ「うおおおおおおおお!!!」

 

ミケ「ぐっ!!うわあああああああああああ」

 

ハツカ「やった?」

 

ミケ「ぐぅ…」

 

ハツカ「やった、倒した。ドブ、やったよ」

 

ドブ「……殴る…殴る…殴る殴る殴る殴る殴る!!」

 

ハツカ「て、バカ!止まりなさい!!」

 

ドブ「いってー!後頭部蹴ることねえだろ!!」

 

ハツカ「もう勝負はついたわよ」

 

ドブ「そうみてぇだな。…どっと疲れが来た」

 

ハツカ「私もヘトヘトよ」

 

ドブ「おい、兄さん。帰らしてもらうぜ」

 

ミケ「う…うぐ。あぁ、ここでお前らを止めるのは野暮ってもんだ」

 

ドブ「まぁ、なんだ。いろいろありがとよ」

 

ハツカ「お兄さんがもう少し偉くなったら、別の意味で相手してあげるね」

 

ミケ「ナマ言ってんじゃねぇクソガキが。俺の趣味はエロいお姉さんだ」

 

ハツカ「そんなのすぐよ」

 

ドブ「じゃあな、兄さん」

 

ハツカ「またね」

 

ミケ「気ぃつけて帰れよ」

 

 

===============場面転換==============

 

 

芝「うぐ…」

 

ミケ「おう、親父。ようやく起きたか」

 

芝「くっそ、いきなり撃つか?このバカ息子」

 

ミケ「だって、親父が本気だしたら、あいつら死んじゃうだろ。かと言って、ブチ切れた親父は手加減なんてできねぇしよ。それに、さっき言ってた『頼む』てのは、こういう意味で言ったんだろ?」

 

芝「そうだが、だからって撃つことはないだろ。こんだけ血流したら普通死ぬぞ」

 

ミケ「はぁ?バカ親父がそんくらいで死ぬかよ。ちょうどいい具合に血の気が引いて、血圧もいい具合なんじゃねぇか?」

 

芝「…ったく、可愛げがないぞ」

 

ミケ「結果としては上々よ。俺からダウンを奪うくらいだからな。なんとかなるだろ」

 

芝「これで上手くいけば、マイスが公安を潰してくれる。そしたら、今まで公安が仕切っていた治安維持に俺らが乗り出せる。シマのやつらは喜んでショバ代を払うだろうな」

 

ミケ「でもよ親父、当初の予定通りマイスをぶっ潰してもよかったんじゃねぇか?暴力の看板を上げる身としては、あいつらを潰した方がよかったんじゃねえ?」

 

芝「まぁ、細けぇ話をすればいろいろあるが、今回の件でマイスの奴らに貸しが一つできた。さらに、公安がガキどもに手を出したという弱みも一つ握れた。どっちに対しても交渉の武器が手に入るってことよ。ただまぁなんだ」

 

ミケ「まだなんかあるのかよ」

 

芝「ガキに手を出す、正義の味方って奴が気に食わなかっただけのことよ。俺は子どもが好きなんだ」

 

 

 

 

===============場面転換==============

 

 

ドブ「よし、巣に戻ったら、警察襲撃の準備を整えるぞ」

 

ハツカ「…」

 

ドブ「おい、どうしたんだよ」

 

ハツカ「今になって思うと、恐ろしいやつらだね」

 

ドブ「…でも勝った」

 

ハツカ「本当にそう思ってるの!?」

 

ドブ「チッ、わかってるよ!そうだよ!!勝たせてもらったんだクソッ!!」

 

ハツカ「あのミケって人、まだ立ち上がる力は残ってたはず。それにあの組長さんが本気だしたら私たちなんて即死だったよ」

 

ドブ「だよな」

 

ハツカ「それに、捕まってる間にすごい勉強をさせられたわ。特に警察機構についてと、政治、あとは経済について。私はてっきり組で仕事させられるのかと思っていたんだけど、今思えば私たちが警察を潰せるように準備してたのかも」

 

ドブ「あの段階からすでに、俺が助けに言って、尚且つあいつらに勝ったうえで、サツに乗り込むことまでが計算だったってのか?」

 

ハツカ「んー、ちょっと違うかも。どうなってもいいように準備されてたって感じかな。あの場で私たちが全然敵わなかったら、たぶん彼ら自身が警察組織を襲うなり懐柔するなり、傀儡にするなりしてたんだと思う。で、私たちが及第点の強さになってたら、私たちに警察を襲わせる。

 

ドブ「なんて奴らだよ」

 

ハツカ「まったくよ。あいつらの懐にはいって実感したわ、恐ろしいってね」

 

ドブ「クソ、通りであのミケって兄さんが俺に稽古みたいなことを言っていたわけだ。みたい所か、本当に単なる稽古だったってのかよ」

 

ハツカ「そういうことになるのかしら」

 

ドブ「チッ…俺たちはまだ、あの親父の手のひらの上ってか。考えれば考えるほど、全身の毛穴から嫌な汗が出てくるぜ。…まぁいい。とりあえずは警察を落とすところからだ。あいつらとの話はその後だ」

 

ハツカ「それもそうね」

 

マイス「これから全員でサツに乗り込む!!俺たちの家族はなぜ傷つけられた!!ただ、必死に生きる俺たちを、まるで害獣のように扱うやつらはなんだ!!俺たちがネズミだというのなら、奴らは腐った生ゴミだ!!奴らにつけられた家族の傷を忘れるな!!奴らに流された俺たちマイスの血は、同量の血を持ってのみあがなえるものだ!!俺たちに絆を!奴らに血の制裁を!!生ゴミを、食い散らかせ!!!

 

 

 

================数年後==================

 

 

 

ハツカ「あれから、もう何年も経つのね…」

 

八百屋「お、兄さんたち見ない顔だね。夏野菜がいい季節だよ?どうだい?」

 

ヤクザ「あぁ?いらねえよ。こっちとらこんな辺ぴなところなんざ来たくなかったんだ!泥くせえもん近づけんな、クソゴミがよ!!」

 

八百屋「あ、ちょっ!!君…あぁ商品が!!」

 

ヤクザ「けっ…」

 

八百屋「はぁあ、こんなにいい天気なのに心は荒むね。…って、うわ!!姉さんまたそんな高いところに!煙突の上に人がいたら、外からきたひとはびっくりしちゃいますよ!」

 

ハツカ「これくらい高い所の方が、町全体がよく見えるのよ

 

八百屋「で、姉さんどうします?また町の外から、恐いヤクザのお兄さんたちがご登場みたいですが。ドブに報告しますか?」

 

ハツカ「いや、それはいいわ。かわりに芝の親父さんに連絡しておいて」

 

八百屋「え?ドブにはいいんですか?」

 

ハツカ「あんたもマイスならわかるでしょ?あいつなら放っておいても気付くわよ。…ほら、噂をすれば」

 

ドブ「うちの家族にてえええ出してんじゃねええぞおおおおおお」

 

ヤクザ「ひ、ひやああああああああああ」