夕方電車

電車の車輪がごとんごとんとリズミカルに波打っている。

 

 

 

その音を聞きながら僕は持っている本に目をやり、

 

文字を追って視線を上下にリズミカルに揺らす。

 

それがいつも通りの下校風景で、今日もいつもと変わらない。

 

 

かわらない毎日が、だらだらと続いていくだけ。

 

 

 

 

だけど僕はこの毎日見る景色が、

 

 

 

 

すごい好きなんだ。

 

 

 

 

そろそろ市街地から抜けると夕陽が差し込んでくるはずだ。

 

 

 

夕陽に照らされ、本の文字たちがふわっと輝く瞬間が好きだ。

 

その文字の世界が光とともにこの世界に現れるんじゃないか

 

 

そんな気がしてとても嬉しいのだ。

 

 

 

 

高い建物がなくなり、電車はものすごい速さでオレンジ色の光の中へと飛び込んでいく。

 

 

 

 

先頭車両からどんどんとオレンジ色に空気の色が変わっていく。

 

 

 

そしてついに自分の乗る車両も光に飲まれる。

 

 

 

 

僕の手の中の文字たちも左から順にぽつぽつと光に代わって、

 

 

 

 

ふわふわと浮かびだす。

 

 

 

そしてその輝いた世界に僕自身が包まれた瞬間、

 

 

 

一瞬世界が真っ白になり、文字の光たちもこの光の中へぶわっと広がっていく。

 

 

 

次第にその白色が黄色じみて、オレンジ色となる。

 

 

 

 

そのころには飛び出していった文字たちも、順番を間違うこともなく元いた位置にちゃんと戻っている。

 

 

 

 

僕は高校に入ってからほとんど毎日この瞬間を味わっているのに、

 

 

 

 

飽きることもなく、楽しみでしょうがない。

 

 

 

市街地が終わり、高いビルたちがどんどんと後ろのほうへ流されていく。

 

 

 

 

 

 

すっかりとオレンジ色に馴染んだ電車のなか、

 

ふと視界のはずれにキラキラと輝くものが見えた。

 

 

 

 もしかしたらひょっとしたら

 

 

そう思うと少し怖いような、しかしどこか諦めたようなそんな感情になった。

 

 

 

はじめての経験ではないのだから、なんとかその気持ちを言葉にしたいとも思うのだけれど、毎日本を読んでいるが未だその感情を表す言葉に出会えたことがない。

 

 

 

 

 

僕はそのキラキラとしている方を、その言葉にできない感情に突き動かされて目をやる。

 

そして

 

「あぁ、やっぱりか」

 

 

 

そんな風情も人情もない台詞を心のなかでそっと呟いていた。

 

 

 

 

 

そこには泣いている女の子がいた。

 

 

僕とおなじくらいの年だろうか。

 

 

 

 

ぽたぽたと落ちる涙は、周囲を包み込んでいるオレンジ色に照らされてキラキラと輝いていた。

 

 

 

 

女の子は声を上げるわけでもなく、しゃくりあげるわけでもなく、顔を手で覆うわけでもなく、ただ静かに涙をながしていた。

 

 

 

 

 

次々にあふれる涙がぽつぽつと光に変わっていく。

 

 

 

 

文字通り光となって、世界に溶け込んでいく。

 

 

 

次第に彼女の肩や髪の毛指先、いたるところが光輝いていく。

 

 

 

いや、正確には光へと変わっていく。

 

 

 

彼女の体はだんだんと光となって消えていく。

 

 

 

 

今までも何度か見たことのある光景だけど、すごく悲しいのに綺麗で怖くて愛おしくて。

 

 

 

 

彼女はそんな風に自分が光へと変わっていく間も、ただ静かに涙をこぼしていた。

 

 

 

そんな光に包まれた彼女の目は、深く澄んで、とても暗い。

 

 

 

 

悲しさと綺麗さを振りまきながら彼女は次第にいなくなっていく。

 

 

 

そんな彼女に気付てはいるのだろうが、特に声をあげるようなひとはいなかった。

 

 

 

彼女が消えていく間、さながら祈りを捧げるかのようにみな一様に、静かに顔を伏せている。

 

 

 

 

いや、本当に祈ってはいるのかもしれない。

 

 

 

いたいけなる少女に幸あれ…と。

 

 

 

 

そんな人たちのなかで僕は立ち上がり、彼女の前へと移動した。

 

 

 

腰を屈め、彼女の顔を覗き込んだ。

 

 

 

 

何を見るわけでもなく、ただ涙を押し出すだけの穴のように暗い澄んだ瞳を覗き込んだ。

 

 

 

 

「ありがとう」

 

 

 

 

 

たった一言だけ、

 

 

その五文字だけを僕は口にした。

 

 

 

その瞬間彼女は僕をみた。

 

 

はじめてそこに僕がいると気が付いたのだろう。

 

 

 

 

そして光となって消えていくなかで彼女は自分を包む光よりも、

 

 

 

自分を照らす夕陽よりも明るく、きらきらと笑った。

 

 

気のせいなんかじゃなく、確かに笑った。

 

 

僕は、彼女の笑顔の見届け人となったのだ。

 

 

 

電車の車輪がごとんごとんととリズミカルに波打っている。

 

 

 

その音を聞きながら僕は持っている本に目をやり、

 

文字を追って視線を上下にリズミカルに揺らす。

 

そんないつも通りの下校風景。

 

 

 

だけど、いつも埋まっていた座席がひとつだけ空いている。

 

 

 

僕は静かに腰を下ろし、夕陽が差し込む町はずれを楽しみに待っている。