嘘つきな家族

 

 

 

私は嘘つきが大好きなのだ。




私の目の前で男女が言い争っている。



「私が何者であるか」



それを私抜きで勝手に言い争っているのだ。




男は私のことをかわいそうな女だと言う。

この場からすぐにでも助け出したいと言う。



女たちは私のことをただの普通の娘だという。

今の状態が私にとってふさわしいのだという。




男は言う。

自分にはお金があるから彼女を幸せにできるのだと。


男は言う。

自分には権力があるから彼女を守ってあげられるのだと。



女たちは言う。

それならば私と結婚してはいかがですか?いい妻になりますと。


女たちは言う。

その子よりも私の娘のほうが立派な血筋であると。





私はただそのやり取りをそっと聞いていた。





この男は私のことを救い出したいと思っているようだ。




毎日家事や雑用に追われ、女たちがきらびやかな服を身にまとい、

夜な夜な外出していくのを見送るだけのこの生活から。






私は何も言わなかった。

そして思い返していた。

この女たちとの生活を。





私が外に出ようとすると、外出しないように言われ家事をやらされた。

私はそのうち学校にもいかなくていいと言われ、学校にも行かなくなった。

彼女たちは常に私を目につくところに置いていた。




まるで監視でもするようにずっとそばにいた。

 


彼女たちはそれを、私が何か変なことをしないか監視するためだと言う。


私はこのレンガ造りの家で、そんな彼女たちとずっと暮らしてきた。

 


これからも彼女らと一生ここで生きていくのだろうか。





男のもとに一人の従者が歩いてきて、片方だけの一足の靴をそこに置いた。

私は言われるがまま、そっと差し出された靴を履いた。




差し出された透明の靴はいやに冷たかった。




王子と呼ばれているその男は言った。

「そなたこそ私の花嫁だ!!ぜひ私の妃になってくれ」


私の継母や義理の姉たちが言っている。

それなら私を妃にしてください!

 

他の子たちから妃を選んでください!



だが王子はこの靴の合うものと私は結婚するの一点張りであった。


彼は私のことを救い出し、幸せにしてくれると言っている。



その言葉は本心から来ているのだと感じとれた。







だけど私は…





嘘つきが大好きなのだ。






「私はあなたとは結婚はできない!!」

 



「本当の母が死んでしまったことを隠そうとして、

私が母を捜しに出ないようにたくさんの家事を言い付けた!!」


「私が学校で親がいないことでいじめられるようになり、

学校に行くのが辛くなると、学校になど行かなくていいと言ってくれた!!」


「私が悪さをしないように監視してるだけだなんて言いながら、
私がひとりで寂しくないようにずっとそばにいてくれた!!」


「本当なら政略結婚の道具にされたって仕方がない立場なのに、
人見知りで、社交界の苦手な私の幸せを思って、
きらびやかな世界には行かなくていいと言ってくれた!!」




「私の家族は嘘つきばかりだ。

 けど、みんなそれなのに嘘をつくのがとても下手なんです。」

 

 


「全部…全部私のためにしてくれてることなんてバレバレなのに」





「私はこの家族と血は繋がっていない。

 

 だからみんなと違うところがあるんです。
 

 …私は嘘をつけないんです」




「私はこんな嘘つきでやさしい家族が大好きなんです!!

 だから私はあなたのたくさんいる妃の一人になることなんてできません!!

 私はここでこのひとたちの家族でいたいんです!!

 ずっと一緒にいたいんです!!」





王子だけでなく、母たちまで驚いた顔をしていた。

なんだかみんなして呆けた顔をしていたので、思わず笑ってしまった。



私が笑い出すと母や姉たちも一緒に笑って私を抱きしめてくれた。




あったかい。




ガラスの靴にはない温もりがなんとも心地よかった。




王子たちは結局そのまま帰っていった。






私は今もこの家で家事をしながら、

社交界で頑張って仕事をする母たちの手助けをしている。


今でも母たちは帰ってくると、


「すごい楽しかった、ぜんぜん疲れてない」


だとか、


「いい男いないからすぐ帰ってきただけ。早くご飯にしましょ」


などと、相変わらず下手な嘘をついてる。



嘘を付けない私はただこう言うのだ





私は嘘つきが大好きなのだ。